結婚写真・出張撮影(持ち込み)ウエディングカメラマン  - Photo感写 トップページへ

 
結婚式の写真。あなたはどんな写真が残したいですか? 門出が一番大切にしていることは、その時の気持ちを思い出せるような写真です。そのために大切なことは自然なポーズや構図で撮影することです。 後はおふたりとのコミュニケーションでおふたりらしい自然な笑顔を引き出します。 もちろんゲストの皆さんの自然な様子も沢山撮影しています。

結婚式のカメラマン 門出格宏(MONDE Tadahiro)のプロフィール
結婚式の出張撮影 ウェディングカメラマン 門出格宏の写真

門出格宏(MONDE Tadahiro)

  • 1978年12月24日 佐賀生まれ。
    • 幼少期をドイツで過ごす・・・
    • そのためか、Zeiss、Leica、Rolleiなどドイツのものを愛してやまず。
  • 1997年~ 大学、大学院時代の多感な時期を福岡で過ごす。
    • 1999年頃から写真を撮り始める。
    • 2000年、「CONTAX RTS」というカメラを買ってしまったせいで、写真の世界の泥沼に…
    • 2001年8月、ローカルなフォトコンテスト初受賞。
    • 2002年、明治生命しあわせな瞬間フォトコンテストにてCMに採用される。
      • そのころから、ウェディングフォトグラファーに憧れる。
  • 2003年大学院修了後、航空関係の某研究センターにおいて、 航空機騒音の研究に日夜従事する。
  • 2007年7月、某スナップ会社にて、ウェディングフォトグラファーとなる。
  • 2009年4月、チーフフォトグラファーに昇格!
  • 2010年、フリーランスとしての活動を開始する・・・
  • 現在、東京都江戸川区在住。

Photo感写のスタンス

2人の親友のような存在でありたい

 
当日「はじめまして。本日は誠におめでとうございます。」
と会った人に、あなたは心を開いて笑顔になることができますか?
 
もちろん、私もプロですから短時間で最大限心を開いて頂ける努力はします。
私とお2人の努力、そして当日の魔法によって、素敵な笑顔を引き出すことは出来るでしょう。
それでも私に向けられる表情は、 笑顔はご友人やご家族の方に見せるリラックスした表情には到底及ばないことがあります。
本当に心を許しあった人同士だから見ることの出来るその表情。
それこそ、当日の素敵な思い出になると思いませんか?
 
私が向けたカメラにそのような表情が出来るとするならば、それは私とあなたの間に良好な関係が築けた証です。
私にとってもとても嬉しいことです。
 
ではどのようにお2人と親密な関係になるのか?
 
それは、ただただ打合せを重ねること以外にないと思います。
なんどもお打ち合わせを重ねて、お互いの考え方、 価値観をわかってこそ、はじめて生まれる信頼関係。
 
それが良い写真を残す秘訣だと思っています。
ですので、私は毎回撮影に向かう日の朝は、今日は昔からの親友のだれだれの結婚式!
 
「おめでとう!うれしいな!」 って気持ちで出かけます。
 
あなたも私とそんな関係を築いてみませんか?
 
※お打ち合わせというとちょっと硬いですが お友達とゆっくりお茶をする、お酒を呑みに行くという気軽なノリで大丈夫です。
お2人の結婚式に対する思い、お2人の趣味、そのほか何でも。
ざっくばらんにお話ししませんか?
 

物作りに対するこだわり

 
一般的にお客様にお届けするアルバムは、やはり製品という側面もあるのでどうしても、効率、コストなどどうしても妥協点があります。
 
会社によっては、アルバムのレイアウトまでもテンプレート化されており、
そこにお決まりの写真を入れていき、
 
「はい、アルバムのできあがり!!」
 
といったアルバムも沢山見受けられます。
(そこには、写真の善し悪しなどは一切無視された、画一的なアルバムが完成します。)
 
何となく記念の写真が残ればいいなら、そういったアルバムでもいいかもしれません。
 
お2人がこだわって準備を進めたかけがえのない1日。
 
お2人はどう残したいですか?
 
常に私が欲しいと思うもの。いいと思うものをお客様にお届けするスタンスを取っています。